イングランド編①

2017-08-06

■第36話《もう地下鉄利用はバッチリ》■




問題は地下鉄の移動だよね。腰痛の原因の一つだし。

ロンドンのホテルはアールズコートの同じホテルにしました。

帰国の時の空港への移動を考えたら、やっぱりアールズコート駅が便利だもの。

本当は同じホテルの方が迷わなくて安心だし、設備も分かってるし、楽チンって

ことなんだけどね。



さあ、アールズコート駅までスーツケースを持ち上げずに移動するには・・・?

ユーストン駅の隣のキングスクロス・セントパンクラス駅からならピカデリーラ

インでアールズコート駅に乗り換え無し。

地図で確認するとユーストン駅からキングスクロス・セントパンクラス駅まで、

地上を歩けそう。

それにキングスクロス・セントパンクラス駅って

ユーロスターの発着駅だからエレベーターやエスカレーターは設置されてるはず。

「インターナショナルステーションだもの! ない訳ないでしょ\(`へ’)」



「よし! ここへ移動だ!!!」

そう決めてユーストン駅で地下鉄を利用しないで、表の通りに出てみる。

まず、出た方向が正しいか、確認しなきゃ。

こんな細かなことも学習の結果?

間違えると疲れちゃうし、時間のロスもあるしね!

それに、もう夜だから出来るだけ早くホテルに到着したいよね。



通りを確認してキングスクロス・セントパンクラス駅へ向かう。

途中、大きな交差点。

通りかかった人にまた通りを確認してみる。

旅行も終盤、「ここはどこですか?」って地図で教えてもらう方法になってきた

よ。

シンプルな答えを頂ける質問の仕方をしないと聞きとれないし、理解出来ないし

ね。



でも、この時の男性は親切にユーストン駅の地下を指さして、

「地下鉄に乗って行けるよ!」って教えてくれた。たぶん・・・(まだ理解出来

てない(~へ~;))

思わず「歩きたい!」って答えた私に不思議そうな顔。

「どうしてだろう・・・」って顔して駅の方向を教えてくれたよ。



思っていたとおりキングスクロス・セントパンクラス駅では、スーツケースを持

ち上げることなくピカデリーラインに無事に乗車。

アールズコート駅は通りに出るまでちゃんとエレベーターもスロープもあって心

配ないからホテルの階段だけですね。

ロンドンの地下鉄。こんなに簡単に慣れることが出来て自分でもびっくり。

「旅の前に聞いていた通りだ!」

「東京の地下鉄が乗れたら、ロンドンの地下鉄も簡単だよ(o^-^)o」って教えて

いただいてたよ。



ホテルは前回と同じ。

この駅は夜中まで営業してるスーパーもあるから夕食やいつものビールだって心

配ない。

何だか、もう見慣れたスーパーでビールを買って、野菜不足解消にトマトも・・・

「今夜の夕食もこれでd(-_^)good!!」



チェックインも無事に済ませると、

ホテルでは床の工事も終了していて、エレベーターも利用可能になっていた。

「ラッキー(^▽^!!!」

今回はエレベーターを上がって目の前の部屋。

「何だか調子がいいぞ!」

明日は始発でキングスクロス・セントパンクラス駅へ向うからゆっくり休もう。





続く

ページトップへ