イングランド編①

2016-11-03

■第38話《シャンゼリゼ通りを歩こう!》■




まず地下鉄乗り場を目指そう。

今日は友人が一緒だから安心。と言うか、お任せ状態の私。

だって一人じゃないから、やっと緊張感が解けた旅です。

でも、彼女は「英語とスペイン語は何とか分かるけどフランス語は分からない」

って言っていました。

「私よりはマシでしょσ(^_^)?」



早速、地下鉄の自動発券機に挑戦。

あれこれ、やってはみたものの分からない。

誰かと一緒だと随分気軽に挑戦できる。

「この気楽さは違うよね!」



発券機のそばに見知らぬおじさんが近づいてきた。

何か言ってる。

そして、彼女が答えてる。

私には・・・「(◎o◎)???」

彼女曰く「今日は地下鉄が無料らしい!!!」

「ええっ???」

「でも、どうやって切符無しで乗るの?」

「分からない・・・おじさんがそう言ってたよ!」

「でも、改札を通れないよ!」

「おかしいなあ・・・○(゜ο゜)o」

彼女のフランス語・・・不安だ(;´д`)



結局諦めて窓口に並ぶことにしました。そして指で10を示して回数券を購入。

言葉は分からなくても凄いのは彼女の度胸!

「頼れるなあ・・・(*^o^)」



さあ、地下鉄に乗ってサンジェルマンデュプレへ到着。

この駅の近くの日本料理店「えん」で、職場の女性の彼氏が板前をしてると聞い

て、「パリで本格的な日本料理なんて不思議!」と、行ってみることにしました。

遠距離恋愛だけど楽しそうなんだ。

ヴァケーションにはイタリアやギリシャやスイスって、毎年違う国で過ごしてる

らしい!!!

「えっ? 今年はクロアチア?」

「きゃ〜! ステキ(´-`)」



お店はすぐに見つかって彼氏に会えました。スタッフの方々は日本人です。

そして、パリの街で本格的な日本料理とお蕎麦を御馳走していただいちゃいまし

た。

「柿なます」とか「出し巻き卵」

「天ぷら蕎麦」と「鴨南蛮」も頂きました。



赤ワインと和食。パリの街の風景。

久しぶりに会えた友人の笑顔・・・

勇気を持って旅行に挑戦して良かった!

「これこそが個人旅行!(^。^)b」すべてを自分らしく自由に計画!

旅を振り返ると予定していたことは殆ど実現したね。



何だか、旅行に出発する前の自分と今の自分との変化を感じてます。

私が個人旅行に来るのって勇気が必要だったけど、

その不安が多い分、

旅先では多くの親切を感じられて、幸せが詰まった旅になってる気がします。



それにこうして旅行に出ようと準備してみると、

ロンドンで暮らしてる友人、

ヨーロッパの旅に出てバレンシアにいる友人、

パリで働いてる職場の女性の彼氏。

なんか自分でも驚きo(^o^)o

いるじゃない、遠く欧州の空の下で会える人たちが・・・



久々の友人との再会、日本人スタッフからもてなされる美味しい和食。

こんなに素敵なお食事を頂く至福の時・・・

「あ〜!!! やっちゃった☆⌒(>。≪)」

ここはパリなのにチップを忘れてお店を出ちゃった。

「また失敗。ごめんなさ〜い。」

いかに心が解れちゃってたかですね。

(帰国してからお礼と一緒に謝らせていただきました。ゴメンナサイ!)



さあ、お腹も大満足。雨もまだ大丈夫そう。

「シャンゼリゼ通りを歩こう!」

この日のために友人はiPodに「オーシャンゼリゼ」をインストールしてきてく

れた。

二人で一つのiPodをイヤホンで聞きながら、凱旋門を目指してお散歩。

「お〜シャンゼリゼー♪♪♪ お〜シャンゼリゼー♪♪♪(^O^ )」

何て素敵な時間なんだろう・・・

何てきれいな街並み! 何て楽しい曲! 何て優しい人々!

とても短い滞在時間だったけれど、そこは頑張ってパリ観光!!!










続く

ページトップへ