スペイン編①

2016-11-03

■第16話《いよいよ友人と会える~!!!》■



夕方まで街を散策してホテルへ戻り、なっちゃんを待ちます。

ドキドキ(`。`;)

2008年のリヴァプールへの旅の時、パリで待ち合わせた時と同じ感じ!

ついにバレンシアまで来ちゃったんです。



「ピンポ~ン( ^o)ρ」

「きゃ~( ^^)人(^^ )」「元気だった~?」

思わず強く抱きしめ合っちゃいます。

でも、

あのリヴァプールを初めて訪ねた時から1年しかたってないんですけどね(^_^;)



早速、なっちゃんの友人ご夫婦が待つバルへ・・・

昼間歩いたカテドラル近くだ~!

「さっき、ここを歩いたよ!」

「すごく混んでる!!!」人気のバルみたいで~す。

なっちゃんのお友達がいました~。

「はじめまして~(^○^)」

日本人の女性と彼女の旦那様。旦那様はイタリア人です。

「バレンシアでイタリア人の旦那様と暮らしてるんだあo(^-^ )」



思わず日本語で会話が弾んじゃって、


イタリア人の旦那様はチンプンカンプン(?_?)


もうスペイン語やイタリア語や英語がゴチャゴチャの会話!

「わぁー(゜o゜)! みんな凄い!」

私には理解不能な言葉が行きかってる( ^^)/☆( >`< )☆\(^^ )

「だけど楽しい!」

スペインのビール「セルベッサ!!!」

彼女が選んでくれた


「ハモン(生ハム)」「ケソ(チーズ)」「サルモン(サーモン)」

「ウヒャー~(^◇^)/ 美味しい!」



さあ、バルのハシゴ(^0^) 今度はイタリアンらしい!

カルパッチョはイタリア人の旦那様が選んでくれました。


「プエイ(牛肉)だよ~!」

こんどはティエント(赤ワイン)と一緒に「頂きま~す(^o^)」



楽しい夜が更けるのは早くて、なっちゃん達はナイトバスで帰るとのこと。

市庁舎広場前はバスのターミナルでもあるんですよ。

私はみんなを見送ってホテルへ。

感動の夜でした~( ;_;)



いよいよ明日はメスタージャでヨーロッパリーグを観戦する予定。

なっちゃんがチケットを買っておいてくれましたよ。

こちらのチケットは20ユーロ。

現地で直接購入が可能だとリーズナブルなんですねえ。

なっちゃんのお陰です。

「ありがと、なっちゃん(*^-^*)」




続く

ページトップへ