オランダ編①

2017-08-06

■第49話《「いつかきっと・・・」心に誓っていたキューケンコフ》■


朝、目覚めてまずシャワーですね。髪を乾かしてダイニングに下りて行きます。

待ち合わせ時間などない旅ではこうして朝もゆったり。

明るいダイニングではオランダ風の朝食が用意されていました。

ベルギーワッフルを始め甘いパンが多いみたい。それに色々なチーズ。

チーズもオランダでは有名だものね(^・^)


ここは日本人が経営のホテル。

こうしてダイニングに下りてみると日本人の宿泊客が多い! 

これって皆さんと知り合いではないものの何だか安心。

遠く日本から離れた国での緊張感も解けてゆきます。


そして昨日到着したときからお天気は快晴。

いつも書かせて頂いているように、私はかなりの晴れ女みたいです。

オランダはダッチウェザーで有名って知っていましたか?

実は、旅行前にネットで調べたリヴァプールとアムステルダムのお天気は…。

「ガッカリ~! 毎日が雨マーク( ̄□ ̄;)!!」


こんな日本の5月ではあり得ない天気予報! 

考えに考えて長靴で来ていた私です。

最近はデザインの可愛い長靴が多いので、

「この際長靴にしよう┗(-_-;)┛」って決心!

スーツケースに晴れ用の靴は入れてきましたけど。

でも、こんなに靴のことを考えたのにリヴァプールはすべて晴れ!

ここアムステルダムに到着しても晴れ!!!


今朝ももちろん快晴! 予定通り一日キューケンコフを楽しむことにします。

キューケンコフってとても大きな公園。

広い公園で花々を存分に楽しむには天候はとても大切です。

個人旅行だと天候と相談しながら計画を変更出来ますね。


WEB情報によると、

キューケンコフへは、スキポール空港からバスが15分毎くらいに出ているそうですよ。

バスの往復チケットと入場券つきの「コンビチケット」っていうのが

21ユーロで販売されているらしい( ^o^)ノ

「コンビチケットなら公園の入口で並ぶ必要もないね」



第3話《もうひとつ実現させたい場所》でも書かせて頂きましたが、

一面の可愛らしいチューリップの花で一杯のこの公園!

3月中旬から5月中旬の2ヶ月間しかオープンしていないんですよ!

この2ヶ月に、世界中から観光客があつまるんですよね。

入場券を買うための長い列に並ぶのは避けたいです。

せっかくオランダまで来たのですから時間は有効に使いましょ(^_-)-☆


美味しい朝食もお腹一杯頂いたら、スキポール空港に向かいますよー。

昨日、空港からホテルに来ているので、空港行きは任せて!





続く

ページトップへ