オランダ編①

2017-08-06

■第55話《オクラホマミキサーを聞きながら》■



風車の下ではオクラホマミキサーがずっと聞こえてきていますよ。

一面チューリップ畑の風景にはちょっと名残惜しいけれど、下に降りてみましょ。

黒い服を着て帽子をかぶった老若男女達。

みんな笑顔で踊っていますρ(^o^)ρρ(^o^)ρ

観光客の人も飛び入り参加!

「子供も喜んで踊ってるよー」

「楽しそうな笑みで溢れてるo(^-^o)(o^-^)o」

「オクラホマミキサーを聞くなんて何年ぶり?」

「よく体育の時間にフォークダンスとかしたなあ・・・」

懐かしさがこみ上げてきます。

「でもオクラホマミキサーってアメリカだよね!」


風車の周りは広い芝生の公園になっています。

みんな思い思いに芝生に寝そべったり、座ってお話したり。

これは日本でもある公園の風景ですね。

「おっ(/°°)/!」

ジーンズ姿の若い男女の方々が芝生でオクラホマミキサーに合わせて踊っているよ。

「なんて楽しい国なの!」

「陽気でみんな笑顔が絶えなくてますますオランダ大好き!」


オクラホマミキサーの音楽と風車と芝生の広場。

この広場で踊る笑顔の人々!

「離れがたい~〈( ^.^)/ 」

背中に音楽を聴きながらまた歩き始めることにします。

すると前方に何やら人だかり。

「あそこでは何をしてるの?」

もちろん気になります!


近くにはバンの車が停車中。この車があやしいよね。

ヒントがありそうだから覗くと、中にはケージのようなものがあるよ。

「ケージがあるってことは動物がいるの?」

人だかりの中、隙間から覗いてみると、

「鷹!!!」鷹使いの人がショーをやっていました。

鷹が見物客の頭の上を低空飛行! 鷹使いの方の手にピタッと戻っているー!

「キャー! 面白そう(´▽`)/」

「でも背の高い見物客の後ろで見学できる隙間がないよ!」

残念だけど横目で見ながら次に進むことにしましょう。




続く

ページトップへ