オランダ編①

2016-11-03

■第72話《危機管理のためにすること》■


彼女はカードもパスポートも無事だったから、

その日の内にパリが恐くてアムステルダムに逃げてきちゃった。

大使館に連絡はしたものの、警察には届けてないらしいです。

そのお話で気になることがありました。

「パスポートやカードは盗んだら足が付きやすい」

「でもパスポートやカードはスキャンして偽造を作る可能性がある」

そんな犯罪の情報を読んだ経験があったような気がします。


そのお話を彼女にして、すぐに日本のカード会社に連絡することを勧めました。

使われてる形跡があったら保険を適用出来るようにお願いしなければならないですね。

パスポートもスキャンされていたら怖いです(-_-;)

大使館等にそのお話をしてどう対処したら良いか指示を仰ぐことをお勧めしました。

今までの経験と、言葉が出来ない分安全のために色々調べたことがお役に立てそう!

少なくとも彼女は少し落ち着いてくれたみたいです。


彼女は一人で世界一周の旅! 英語も出来て旅慣れてるんです。

だからこそあまり危機管理の準備の必要が今までなかったんですね。

私は言葉も出来ないし、何かあったら自分の頭で解決させなくちゃならない。

そんな私は情報の収集が必須ってことなんです。


「少し彼女に笑顔が戻ったみたいo(^^o)」

ちょっぴりホッとしました。

それに彼女は猫さんが大好きとのこと。早速猫博物館のお話をしちゃいました。

彼女もモナちゃんにはご対面済みで、モナちゃんのお話でも盛り上がりました。

今日、彼女はアムステルダムで、ずっと気になっていた照明を見に行く予定だそうです。

私はアムステルダムアレナを訪ねる予定にしてます。

加えて彼女は今夜の宿泊場所を探さなければならないですね。

「現地で今夜の宿泊先を探すなんて(゜o゜;」


ダイニングもそろそろ閉まる時間。

メールアドレスを交換して、

お互いの今日のスケジュールに取り掛かることにしました(^_^)/






続く

ページトップへ