オランダ編①

2017-08-06

■第25話《キャプテン~o(><)O O(><)o》■


チェルシーには攻め込まれているけど

何とかリヴァプールも点を取られずに頑張ってる!

「きゃあ~、ドログバが・・・(/-\)」

「信じられないよ~! 本当に???」

「だってジェラードのバックパスだよ・・・」


まさかこんな展開でチェルシーが先制点なんて・・・

ドログバに狙われていたんだね。

だってリヴァプールはすぐにバックパスするからね。

「仕方ない! キャプテン! 頼むよ、弾丸シュート-------===●」


アッガーがドリブル、ドリブル、ドリブル! バラックが堪らずファウル!

「フリーキックだ! キャプテ~ン(゜O゜)」

カイトのヘディングが届かない。


バベルがウォーミングアップを始めた。誰か怪我したの? 誰だろう・・・

リヴァプールのコーナーキック。カイトからベナユンへ。ベナユンがクロス!

「あぁぁぁ(°o°)ダメだ~!」

ジェラードがインターセプト! バラックが止めてイエローカード!!!


交代はマキシロドリゲスなんだあ。足の付け根を痛そうにしているね。

バベルに交代。

「お願いしますよ!バベル!」

バベルに期待したけど、チェルシーは余裕で自陣でボールを回してるし!


マルダからカルーへ! カルーがディフェンダーと入れ替わって

「きゃー(+。+;)」

ルーカスがカルーを倒しちゃったあ・・・

「まさかPK???」

「良かった~! カルーがバランスを失っただけだったかあ」


やっと前半が終わりましたよ。

「ふう~(-_^:)、失ったのは1点だけで良かった~!」

危ないシーンがたくさんあって、チェルシーに押されている時間も長かったし、

1点ならキャプテンがきっとやってくれるよ。

失ったのは自分のバックパスだったし!

後半に期待して休憩休憩。





続く

ページトップへ