スコットランド編①

2016-11-03

■第30話《こんどは一人でグディソンパーク》■


10月2日。
今日はダービーを観戦したグディソンパークのスタジアムツアーの日!
出発する前に、ツアーの予約のことを書いておきましょう。
まだ7月で、旅行の計画を立てているときのことです。

「エバートンのホームスタジアムで観戦だもの!」
「スタジアムツアーも参加したいよねd=(^o^)=b」
「エバートンのホームページを検索しなきゃ!」
「もちろん英語だよ!」
この勢いでいつも通り検索! 検索!
「スタジアムツアーの日程は?」
「見つからないよ(―_―)!!」
サイト内検索に「Stadium tour」と入れてみたんですよ。

「やっぱりスカウスハウスさんに聞いてみよう!」
早速メールでお願い。
滞在中にスタジアムツアーが催行されるかどうか尋ねみますね、と返信メールが
来ました。
「催行されるかどうか???」
「これでは私には無理だ(^^;)」
毎日決まった時間にツアーが催行されているのでないようです。
「そうかあ(°σ °)」
「海外からいつもいつもツアー希望者が訪ねてくるとは限らないものね。」
「ビッククラブのような訳にはいかないんだあ!」

これまで私が参加したスタジアムツアーを振り返ってみます。
リヴァプールの「アンフィールド」、
バルセロナの「カンプノウ」、
アヤックスの「アムステルダムアレナ」。
「どれも世界中に多くのファンがいるビッグクラブだったよね(゜ο°)」

スタジアムへの行き方を検索した時も同じ。
グディソンパークに観戦旅行。
その情報がネットに少ないんです。
「19番のバス」という情報にたどり着くのにかなりの手間が掛りました。
殆どの情報は「アンフィールドから歩いて15分位」と書かれています。
「どれもこれもアンフィールドを拠点に書かれちゃってるよ(×_×;)」
「アンフィールドに行ったついでに立ち寄る情報かあ!」
そんな情報が多くて中々グディソンパークのものは手に入らないんですよ。

それもスカウスハウスさんに助けて頂きました。
エバートンのホームページのアクセスページのURLを送って頂いて解決!
「どうして自分でホームページを検索しても見つからなかったんだろう(?_?)」
「未だに英語のホームページで見つけられなかったなんて(;。;)」
「自分のことながら困ったものです(;-_-)/」

スタジアムツアーのお願いをして数日経ちました。
「ツアーは催行されないのかなあ」
「せっかくだから参加したいなあ」
少し待ったもののスカウスハウスさんからメールが届きました。
「日曜日午前中の申し込みが出来ました!」との内容です。
「これでスタジアムツアーは解決!」
「チケットを印刷していくのね(*^_^*)」
「まだまだお願いしなきゃ出来ないことばかりだあ(゜O゜;)」






続く

ページトップへ