スコットランド編①

2016-11-03

■第45話《ちょっとドキドキなメアリーキングスクロス!》■


ロイヤルマイルに向かう途中、深夜まで営業しているスーパーのある場所を教え
て頂きます。
「ビールの為には必須(⌒^⌒)b」
「はい! このために初日のガイドさんです!」
「これで安心!」
それから駅の上の橋を渡ってロイヤルマイルに向かいます。
山の尾根に上るのだからかなりの急な坂です。

登りきると目の前にスターバックス!
「これならホテルに戻る時に迷わないで帰れそう(^。^;)」
この尾根を右側に歩くと端にエジンバラ城があるそうです。
そして左側にはホリルードハウス宮殿。

「これから訪ねるメアリーキングスクロース!」
「そして絶対訪ねようと決めているコッチウィスキーエクスペリエンス!」
「両方ともこの通り沿い!」
「これなら明日からの観光も安心(*^^*)」

「明日の蒸留所へのツアーの出発地点もこの通り沿いなんだあ!」
「市役所前の大聖堂辺りらしいよ!」
「初日にガイドさんって色々な確認も出来ちゃうからお薦め (^_-)-☆」

そんなエジンバラの観光スポットを伺ってるといよいよメアリーキングスクロー
スに到着!
小さな路地をくぐり抜けると目の前にはパブ。
その横にショップがあります!
中ではツアーを待っている方らしい人達がショッピング中。
ここではクロースのガイドさんの説明を聞きながら一緒に地下に入って行きます。
このガイドさんのお話をちゃんと聞きたくてkyokoさんに一緒に来て頂きました。

何となく集中出来ないままショップでお土産を見ています。
ちょっぴり不安(゜゜;)
いよいよ前のツアーの方々が出て来ました。
「次は私達かな(^。^)!」
「集まるように呼ばれているみたい!」
いよいよ暗い通路を下の方に下りて行きますよ。
「この先ではどんなものを見ることになるんだろう(°°;)」
通路を下の方へどんどん進みます。
「エジンバラのどんな歴史がここにあるんだろう・・・」
「ちょっと怖い(°-° )」

本当にここをKyokoさんにお願いしてよかった!
ツアーガイドさんのお話を丁寧に訳して頂きながら暗い路地で色々なものを見ま
した。
その歴史は私がネットで調べたキングスクロースのお話とは違ったものでした。

『山の尾根に立てられた背の高い建築物。
尾根から下った側は低くて太陽の光も届き難くい。
それに昔のことだから汚水も上から下に垂れ流し状態。
そんな劣悪な環境では伝染病が蔓延』
ここまでは調べたことと同じです。

そんな暮らしを感じることの出来る空間。
その空間をそのまま残して、歴史の上に今の市庁舎が建築されたらしいです。
ネットでは多くが「地下都市」と紹介されてました。
「それはちょっと違うみたいよ!」
現在は地下に存在しているものの、当時は地下都市ではなかったそう(°o°)ゝ!
当時利用していたキッチンやなど生活の様子が残されていて興味深い場所です。

あの有名な女の子の霊があった場所も紹介されました。
世界中の人々からその女の子の霊にお人形が届けられていました。
「山のように積まれたお人形!」
現在はギボアイコさんが供養したので霊は供養されてるそうです。
「そんな解説で私も安心して見学(*^。^*)」

それにしても昔の街を埋めてしまわずに鉄骨を打っただけで市庁舎を建築してし
まうなんて!
地震の多い日本では考えられないですよね。
「それだけでも凄い!」
「日々仕事をしているビルの下だよ(゜。゜)」
「自分の足元に1500年代とかの街がそのまま残っているなんて(°◇、°)!」
「エジンバラを訪ねたら是非お勧め!」

「ゴーストツアー」のように興味をそそるツアー名のものもあります。
今回参加したツアーは本当にこの当時の暮らし方や歴史に触れられるツアー。
「勇気を出して訪ねてみて良かった!」
「そしてKyokoさんにお願いして良かった!」
「訳して頂いたから真実を知ることが出来ましたo(^o^)o」
「そのお蔭?」
「一人ホテルに戻って眠るのにも怖さなんてなかったです(^0^*)」







続く

ページトップへ