スコットランド編①

2016-11-03

■第54話《英語のツアーだって参加しちゃえば・・・》■


「蒸留所の見学もショッピングも満足!」
「バスに戻りましょ!」
「あれっ?私たちのバスだよねえ(゜o゜;」
「待ち時間、別のバスのドライバーさんが来てお話してたのね」
「お~(^_^")! スコットランドの民族衣装だ!」
「タータンチェックのスカート姿!」
「もちろん写真をお願いへ(^^へ)!」
「慣れてらっしゃるのね!」
「すぐに笑顔でポーズしてくださいました!」
「毎日記念撮影を頼まれるんだろうなあ」

撮影を楽しんでいると全員が買い物を終えてバスに戻って来ました。
「時間が経つのって早いなあ!」
「あとエジンバラに戻るだけになっちゃった(-、-)」
「外の景色は相変わらず北海道のよう。」
「牧場や丘や広い空!」
「もしかしたら違うのはドライバーさんの陽気なお話だね!」

「乗客の皆さんも疲れ知らず!」
「笑顔でドライバーさんとの会話に答えてる!」
「楽しい話をしているんだろうなあ。」
「ドライバーさん本人もこのツアーを楽しんでる感じ(´-`)」

ソフィさんがドライバーさんに曲をリクエストしたみたいです。
車内は音楽が流れ始めて静かになって来ました。
車がエジンバラに近づくと高速道路もちょっと渋滞気味。
「日本の都内に向かう時の渋滞とは程遠いけれどね!」

暫くすると、今朝乗車した大聖堂近くの通りまで来ました。
ここでみんなとお別れです。
「ドライバーさんにはチップね!」
「事前にネットで調べたよ!」
「小さな封筒に入れたチップも用意してあるよ!」

もちろんソフィさんにも丁寧にお礼を言います。
「私の英語力では気持ちだけは一杯込めてね('~`;)」
「この旅で一番不安だった英語の現地ツアー!」
「滞りなく楽しむことが出来ちゃった!」
「周りにいる優しい皆さんのお蔭!」
「旅で出会ったすべての方々! みなさんありがとう(*^o^*)」

ホテルに帰って、今夜も昼間のツアーのことをブログにアップ。
スターリング城! ローモンド湖! そしてグレンゴイン蒸留所!
見て来たものをアップ出来ました。
「ここのホテルの電波は調子がいいね!」
「すんなりアップロードが出来ちゃう。」
「ペットシッターさんからも圭佑の様子が届いているよ!」
「元気そうな様子で良かった('-'*)」
「良い子でお留守番の圭佑にも感謝です」

「あ、スカウスハウスのカズさんからもメール!」
「私がグラスゴーに到着しちゃったことをメールしたからね」
カズさんちの猫「ラテちゃん」の写真も送られてきて心もほっこり(*^^*)!
「やっぱりパソコンがあるっていいなあ!」
「遠い日本がとても近くに感じられるよね(*^o^*)」













続く

ページトップへ