フランス編①

2016-11-03

■第41話《いよいよモンサンミッシェルへ!》■


「これからモンサンミッシェルを目指します (^^))((^^)v」

ホテルに到着後、夕食はフランス料理!

「夜、ライトアップされたモンサンミッシェルを見学なんだ!」

パリ旅行に決めた当初はモンサンミッシェルだけを考えていました!

「ツアー会社さんからのお薦めメールで、他の世界遺産が組み込まれているツアーに変更!」

お蔭で他の世界遺産にも注目出来てラッキーでした。

「ロワール地方の古城はまた訪ねたい (*^o^*)」


「個人でモンサンミッシェルを訪ねたいあなた ヽ( ^^)〆」

パリからはモンパルナス駅からTGVで2時間のレンヌ駅へ。

そしてそこからバスで1時間半!

「パリからかなりの長旅になりますよ!」

旅行の日程を考えると、私はモンサンミッシェルだけにあまり時間を費やせない!

「だからツアーにしました!」

「ツアーを探す時に譲れないもの (`へ´)」

モンサンミッシェルの観光敷地内に宿泊と、夜のモンサンミッシェルの見学です。

環境保護工事中と言うことで島内はシャトルバスか徒歩での移動です。

「一般車両が入れるところから島内はとても遠くて大変らしい (-。-)!」

そこで徒歩でも島内に移動できる対岸宿泊のツアーを探しました。


モンサンミッシェルとは、「聖・ミカエルの山」という意味。

悪魔の象徴だった竜と戦いそれに打ち勝った大天使ミカエルのお告げに従い、

708年司教オベールがこの島にミカエルを奉る聖堂を建てたのが始まりとされているらしいです。

聖堂ができてまもなくモンサンミッシェルは大規模なキリスト教の巡礼地となったそうです。

「この観光でも修道僧に会えましたよ ( ^^)/」


14世紀のイギリス・フランス間で起きた百年戦争のための要塞化工事、

ロマネスク様式の内陣のゴシック・フランボワイアン様式への変更。

増改築が繰り返されたそうです。

「それで内部は迷路のようになっているんだって (゜O゜)!」

「18世紀末のフランス革命で修道院が廃止されて1863年まで監獄として使用されてたんだ!」


ノルマンディ地方に来ると遠く海の向こうに小さく見えて来ました。

海上にボコンと突き出した島の上にモンサンミッシェルが見えて来ました。

「わあ ヽ(∇⌒ヽ)(/⌒∇)/」

みんなバスの中で興奮です。

「日本人に大人気の世界遺産だもんね」

「慌てない! 慌てない!」

まずホテルにチェックインです!

「フランス料理を頂かなきゃ d(⌒o⌒)」

島内は暗いので懐中電灯をお借りしてから夜の島に渡るそうです。

「ライトアップと言っても島内は懐中電灯が必要なのね!」












続く

ページトップへ