マンチェスター編

2017-08-06

■第11話《初めてのマンチェスター》■


チェックインの時間を目指してマンチェスターに向かうことにします。

ナホさんはお子さんがいらっしゃるお母さんです。

「そんなに引き止めちゃダメですよね (⌒o⌒)b」

「それにイングランドの冬は暗くなるのが早い!」

私もチェックイン後にはホテルの近所をウロウロして夕食の買い出しがあります。

「初めてのマンチェスターだもん!」

「明るいうちじゃないと初日は不安 (^^;)」

「地図上ではホテルの前にはスーパーがあるはずなんだけど!」

そんな事情であまり暗くならないうちに移動をすることにします!


ライムストリート駅に戻って電光掲示板を見ると

15分後位にマンチェスターピカデリー駅に行けるのがありました。

「終点じゃない電車ってちょっと心配 (~_~;)」

「でも、マンチェスターピカデリー駅なら大きいからきっと分かるよね!」

不安だったけれど、15分後の列車にすることにして、スーツケースを預り所で受け取ります。

「チケット売り場でマンチェスターへの乗車券を買うぞ( ̄^ ̄)」

実はまだ一度も自分で乗車券を購入したことが無かったんです。

『マンチェスターピカデリー』と『one way』が言えたら買えるんですけどね。

「挑戦って程じゃないか(´▽`;)」

「でも初めてだから緊張する ((+_+))」

ナホさんが見守っていてくれました(笑)


乗車券も無事に買うことが出来て、ナホさんともお別れの時です!

急にこの旅が決まった時には、

ナホさんも泊めてくださるとの申し出があったんです。

「試合観戦がオールドトラッフォードなのよね!」

「マンチェスターの街も初めてだから観光してみたい!」

そんな訳でご厚意をお断りして、マンチェスターに宿泊することに決めました。

「突然訪ねることにしたのにお付き合いして頂いてありがとう (^人^)」

こうして現地でお会い出来る友達がいるって、旅がとても楽しみになります。


「乗車はホームと時間が分かれば簡単!」

電光掲示板をもう一度チェックしてホームに向かいます。

スーツケースは車両の入口辺りに置き場があります。

「スーツケースの近くの席に座ろう!」

車両の出入り口近くの座席に座って外を眺めています。

「マンチェスターに行く列車ってローカル線だよね!」

「へえ! コーヒーなんかも売りにくるんだあ (゜o゜)」

特急でもない列車でコーヒーを売りに来るのって驚きです。

「終点じゃないから駅をチェックしなきゃ!」

「見逃すわけにはいかないよ!」

「車内放送は聞き取れないもんね (~_~;)」


駅に停車すると、ちょうど座っていた場所は駅名の書かれた看板の位置!

「やったね!」

「これなら心配ないよね (^。-)」

安心して眺めていると、外の景色が変わってきました。

市街地に入って行っているようです。

「そろそろのはずだよね?」

列車は最初の大きな駅のホームに入りました。

「駅名が書かれた看板が目の前じゃない (゜o゜;;!」

「ヤバい (゜□゜)!」

慌てて辺りを確認するけれど駅名が書かれているものが見えません。

「最初の大きな駅だからオックスフォードロードステーション?」

「それってピカデリー駅は次ってこと (°◇、°?」


「落ち着いているわけに行かないじゃない!」

上着を着て手荷物を持ってスーツケース置き場へ向かいます!

「確かオックスフォードロード駅はピカデリー駅までそんなに距離がないはず (゜〇゜;)」

列車は間もなく次の駅のホームに入って行きました!

「駅名が見えない~ (゜□゜)」

「仕方ない! 周りの方に確認しなきゃ(×。×)」

「間違えると言葉が分からない分修正が難しい!」

現地の方に尋ねて確認するのが一番なんです!

「ふっー ('~`;) 支度していて良かった!」

手荷物とスーツケースを重そうに抱えて降りようとしていると、

初老の男性が手を貸してくださいました!

「必至だったのが伝わっちゃったのねー (^。^;)」


無事にマンチェスターピカデリー駅に下車出来て良かった。

「さあどっち (°.°;)?」

とにかく広~い広~い駅です!

「タクシー乗り場を目指さなきゃ!」

ホテルはピカデリーガーデンの前にあります。

「そこはトラムで一駅なんだよね!」

一駅ってことはタクシーで行っちゃうことにしました。

マンチェスターはピカデリーガーデンズ駅にトラムの路線が集まっています。

市街地図を確認するとピカデリーガーデンズ駅の方が街の中心地って感じです!

「デパートやショッピングセンターもこちらに揃っているんですよ(^◇^)」


タクシー乗り場を探すだけでかなりの時間のロスをしてしまいました。

「出口はこっちね! スーツケースを引いているからリフトを探さなきゃ!」

「リフトに回らなきゃならないのは面倒よね!」

「一旦上ったら出口はまたあっち ('o')?」

「上がって来たのに今度はスロープで下がるの?」

「これって別のホームに来たんじゃん (°_°?」

「出口はまだ?」

「またリフトで下がるんだあ (*_*)」

「大きなアーケード街に出ちゃった!」

「さすが! 大きな駅ね!」

「アーケード街でたくさんショッピングも出来るんだあ!」

「出口に到着 ( ^^)/!」


「あれ! 外に出たのにタクシー乗り場がない (/_;)/」

「タクシー乗り場ってどこようー (?。?")」

「仕方ない! 戻ろう (>_<、)」

「頭の上の表示をもう一度しっかり見直さなきゃ!」

アーケード街をリフトまで戻ってやり直しです!

やっとのことでタクシー乗り場の表示を見つけてたどりつきました。


ピカデリー駅構内も広いし、ショッピングが出来るアーケード街も大きな駅です。

何と言ってもホームから別のホームに移動があることに驚き。

そのホームを渡った先が出口だったりで訳がわかりません。

「ライムストリート駅とは複雑さが全然違います(´`d)!」







続く

ページトップへ