ポート・サンライト編

2016-11-03

■第4話《宿泊したかった日本人宿》■


それならばアムステルダムからマンチェスターに移動するまえに、

ちょっとデュッセルドルフに寄り道していくプランですね!

「寄り道って!」

「隣の国にフライトでしょ?」

「寄り道のスケールが大き過ぎでしょ((^。^;)」

コールセンターでは予約は保留にさせて頂きます。

「何故って、シャルケ04の観戦なら宿泊したいアパートメントがあるからです!」

SNSで知ったエッセンにある日本人の奥様経営のアパートメント!


私のホームページの観戦記を読んでくださった方が、ドイツに観戦の旅に行かれました。

「その方からのお礼のメールに書かれていたんですよ(^。^)/」

シャルケ04やドルトムントの練習を見学に行くと、日本人のファンの方々を見かけたそうです。

とても慣れている方に案内されているグループが羨ましかったとのお話でした。

「もしかしてエッセンの日本人の奥様かも(゜o゜)」

このアパートメントにはサッカーファンが集まるとの情報もあります。

「よし! 宿泊できるかメールをしてみることにしよう!」

ずっと気になっていたんですけど、この時に初めてオーナーさんにメールしてみました。

すぐに返信メールを頂きました!

メールの感じからはとても優しくて安心出来るイメージを持ちましたよ!

「やっぱり人気だと聞いていた通りだ(。^_^。)」

何ヶ月も先のことにも関わらず、すべてのタイプの部屋が予約で埋まっているとのことです!

デュッセルドルフ辺りのホテルも検索してみました。

デュッセルドルフ空港から市街への行き方も調べました。

「バイアレーナへの行き方も調べたよ!」


こうしてネットで調べながらとても迷いました。

「でも・・・(-_-;)」

「ドイツの観戦はこのアパートメントに宿泊出来る時にしよう!」

「だってドイツに観戦旅行に行ったら、次はまた他の国のスタジアムや都市にも行きたいもの!」

オーナーの奥様からは、シェアルームに長期滞在の方が小旅行に出ている間に

使わせて頂ける提案もありました。

こちらは個別のアパートメント以外にシェアルームもあります。

「アパートメントとシェアルームはホテルと違って少し長めの滞在用なんだよ ね!」

ただ、シェアルームだけは滞在者が旅行に出ている間は特別に短期滞在が出来るシステムです。

「シェアルーム利用の提案は嬉しいけど・・・」

「けれど無理はやめよう(”>_<)」

「次回はもっと早く予約しなくちゃダメね!」

「噂通りとても人気なんだあ(゜o゜)」

「なんかヒーピアにも会えるかもって思っていたからガックリ(→o←)」


「私って『実行するか! やめるか!』って答えがどこからか突然やって来るんです!」

こうして自分に答えが出て、この旅は振り出しに戻ってしまうことになりました!

「こんなに調べたのに・・・(´。`;)」










続く

ページトップへ